読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラダ坊主日記

「この味がいいね」と君が言ったのはお世辞だったねサラダ記念日

14号原理主義者の告発

 昨夜投稿した記事に関して、妻からクレームが入った。

saladboze.hatenablog.com

 表題に「幕張」という文字を入れておきながら、実際には海浜幕張のホテルに関する思い出しか綴られていないが、貴方は何か考え違いをしているようだ、海浜幕張というのは幕張ではない、そもそも花見川区ですらない、美浜区だと、御立腹なのである。

 妻は生粋の幕張っ子であり、幕張という土地に対して根強い愛着と気高い矜りを懐いている。彼女に言わせれば、国道14号線より北側の地域が本当の「幕張」なのであり、14号線から南側は、埋め立て地の上に築かれた新参者の「幕張」なのだ、ということになるらしい。国道14号線、所謂「千葉街道」を重要な境界線として、幕張という町名の定義について厳格な見解を示す彼女に、私は「14号原理主義者」の称号を贈りたいと思う。

 14号という絶対的な境界線によって、世間から漠然と「幕張」として一括りにされている地域の潔癖な分断を目論見る彼女の眼には、海浜幕張を「幕張」と称して疑わない私のような愚か者は、幕張っ子たちの反感を買うこと必至の存在として映じるらしい。つまり、妻は14号線以北に暮らす生粋の幕張っ子たちを代表して、無知な新参者である私に警告を発しているのである。憤激の余り、彼女はこのブログ上で、昨日の記事に関する釈明を行なうことを私に要求した。だが、こういうことを書けば逆に、海浜幕張方面に在住する方々の神経を逆撫ですることになるのではないか、という私の危惧は、忽ち一蹴された。

 私は抗弁を試みた。貴方は海浜幕張と幕張を十把一絡げに取り扱う私の無明を難詰しておられるが、それは裏を返せば、幕張に詳しくない世間一般の人々の眼には、幕張も海浜幕張も同様に「幕張」である、という認知が浸透していることの証左ではないのか。14号線を基準にサイクス・ピコ協定紛いの強引な区割りを望むのは、わざわざ平和な千葉市内に中東問題を想起させる類の剣呑な火種を投じるようなものではないか。

 確かに総武線と京成線によって構成される14号以北の幕張(真の幕張)と、京葉線を中心に構成される14号以南の海浜幕張(偽の幕張)との間には、車でなければ越えられない距離の隔たりがあり、三十の男子であるにも拘らず自動車の運転免許を持たない役立たずの私にとっては、海浜幕張とは殆ど、地平線の彼方に浮かび上がるエル・ドラードのような僻遠の異境である。

 彼女としては、幕張メッセQVCマリンフィールドを抱え、高い知名度を誇る海浜幕張の華々しい栄光が憎たらしいのだろう。埋め立て地の上に築かれた砂上の楼閣に過ぎない土地が、結婚式のメッカの一つに数えられ、イオンや富士通やNTTの巨大なビルディングが威容を誇っていることにも、納得がいかないのだろう。古き良き幕張、それを愛する彼女の麗しい郷土愛に、夫たる私も共感を懐かぬ訳ではない。そもそも、花見川区の一角に終の栖を構えた以上は、私も純粋なる14号原理主義者の配偶者として、彼女の熱心な訓育に従う義務を負うのである。

 という訳で、世間の皆さん。幕張というのは国道14号線、通称「千葉街道」以北の土地を指す言葉であり、海浜幕張は本物の幕張ではないことに御注意願いたい。無論、美浜区民の抗議に関しては一切、これを受理しない。何故なら私は、美浜区民の御機嫌よりも妻の御機嫌の方を重視する、凡庸な夫であるからだ。