読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラダ坊主日記

「この味がいいね」と君が言ったのはお世辞だったねサラダ記念日

詩作 「さよなら、渚」

潮風が遠くから

帆を立てて近づいてくる

砂浜に白く煙る複数形の記憶、男女

波打ち際の静かな日かげで

手を振りました

けんめいに

もう最後だし

 

夏は

急速に終わりを迎える

陽炎がアスファルトに揺れて

買ったばかりのアイスキャンディが

汗ばんで溶けて

水を浴びたティーシャツ

鳴いている複数形の蝉、潮騒

沖合に浮かぶ影絵のようなボート

帰らないものに憧れても

機嫌が悪くなるだけですね

 

夏は

雲の狭間に吸い込まれていきました

さよなら、渚

もう手紙は書きません