サラダ坊主日記

「この味がいいね」と君が言ったのはお世辞だったねサラダ記念日

詩作 「新世界より」

壊れものをあつかうように

優しく指先に神経をそそいで

大事に守って

今日まで辛うじて

綱渡りには失敗せずに

来たつもりでした

けれど

やはり運命には逆らえないのでしょうか

掌中の珠

という表現があります

そうやって大切に慈しんだとしても

FRAGILEというラベルを貼られた品物は

かならず長旅の途上で

ひびわれてしまうのかもしれませんね

空港で

税関で

港で

埠頭で

あるいは

あの曲がりくねった首都高のどこかで

遠くへ運ばれていくうちに

梱包材のなかで

絆はもろく弱り始める

 

最初はあんなにも確固たる

輪郭をそなえていたものが

突然走り出したトロッコのように

速度を増すばかりで

後ろを振り返りもしなかった一つの純粋な感情が

こんなにも哀しく

枯れてしまう日が来ることを

愚かな私は知らずにいました

夢見がちだったと嗤われるでしょう

だけど夢がある限り

私の日々は幸福だった

見える景色が一夜にして様変わりした

長い孤独が

トンネルを抜けたように終わりを告げ

雪融けの清らかな水の流れが

私の胸にそそぎこまれた

情熱は私たちの体温を限りなく上げた

沸点の高い二人の時間に

夜の長さも

霞んで見えた

 

だけど

映画が定められた時刻に上映を終えるように

冬に始まった恋は

晩夏の光のなかで俄かに息絶えた

夕立が足早に引き上げていくように

あなたの俤が

彼方へ連れ去られていく

帰ってきてください

虚しい呼びかけが

下がり始めた街路の気温のなかで

宛先を見失って立ちどまる

その背中を押すように

去年の歌が哀しく覆いかぶさるのだ

今までありがとうと顫える声で言った

あなたのまえで泣いたことなんかない

あなたのまえで

こんな答えを口にする夜が来るなんて思わなかった

鈍感な私には

あなたの本当の声が聴こえていなかったのだろう

いまさら

慌てて耳を澄ませたところで

呼出音は留守電につながるばかり

やがて遠くない未来に

あなたは電波の届かないところへ永遠に去ってしまうだろう

(電源が入っていないか、電波の届かないところにいるため、かかりません)

鼓膜が今にも泣きだしそうだ

ほんとうにさようなら

新しい世界へ駆け出すために

真っ白な帆を

空へ大きく掲げるために