サラダ坊主日記

「この味がいいね」と君が言ったのはお世辞だったねサラダ記念日

2016-03-27から1日間の記事一覧

それは凡庸で退屈な感傷に過ぎないのだろうか? リュック・ベッソン監督「レオン」

私は熱心な映画愛好家ではなく、映画館に足を運んで二時間余りの沈黙に閉ざされた視聴に金を払う習慣とも、それほど親しい訳ではない。映画館へ足を運ぶ習慣が多少なりとも自分自身の生活サイクルに入り込むようになってきたのは、ここ数年間の話で、それも…

「ツバメたちの黄昏」 二十四 税関総局の鉄壁

「流石にハイジェリー商会の重役は一筋縄ではいかない難物でしたね。我々も改めて、今後の方針を考え直さなければならないようだ」 柔らかな午前の光が繊細に泡立っている港の明るい石畳を、私たちは複雑な心境で連れ立って歩いていた。同業者の誼を買い被っ…

「眼高手低」の孤独(「予言」と「踏破」の二律背反)

先日、Amazonで佐々木中の「戦争と一人の作家」という本を取り寄せて、ぱらぱらと流し読みをした。或いは、そんな言葉が存在するか知らないが「啄読」した。小鳥が芋虫を嘴でするりと捕えて呑み下すような調子で、捲ったページに視線を彷徨わせ、翡翠が清流…