サラダ坊主日記

「この味がいいね」と君が言ったのはお世辞だったねサラダ記念日

2020-08-13から1日間の記事一覧

Politics and Cybernetics 安部公房「飢餓同盟」

安部公房の長篇小説『飢餓同盟』(新潮文庫)を読了したので感想文を認める。 この作品が「権力」や「革命」といった政治的な主題を取り扱ったものであることは鮮明な事実である。また、この作品を構成する説話論的な構造の中核に「人間レーダー」というサイ…

The Complex of Sadism,Aestheticism,Nihilism,Mysticism 三島由紀夫「鍵のかかる部屋」

三島由紀夫の短篇集『鍵のかかる部屋』(新潮文庫)に就いて、総括的な文章を書いておく。今までは個別の作品を一つずつ取り上げて論じていたのだが、余りに手間が掛かるし、短篇というものは或る程度、包括的な地平から眺めた方が、個々の作品の備えている…