サラダ坊主日記

「この味がいいね」と君が言ったのはお世辞だったねサラダ記念日

My Record of Reading about HARRY POTTER and the Prisoner of Azkaban

 英語学習の一環として J.K.Rowling,HARRY POTTER and the Prisoner of Azkaban,2014,London を読了したので感想文を認める。

 シリーズ三作目に当たる本書では、ハリー・ポッターの亡父の親友であったシリウス・ブラックに纏わる一連の騒動が、物語の中核を成している。その根底には、ジェームズ・ポッター、シリウス・ブラック、リーマス・ルーピン、ピーター・ペティグリュー、そしてセブルス・スネイプたちの過去の因縁が蟠り、遠景には絶えず、史上最も邪悪な魔法使いヴォルデモートの犯罪と陰謀が隠見している。物語の陰翳は徐々に深まり、暴力と悪意の荒廃した投影が少しずつ濃度を増しつつあるように感じられる。ヴォルデモートを巡る複雑な歴史的経緯が、物語における重要度を高めていくのに伴って、物語の構成はより稠密で入り組んだものとなり、殺意や憎悪、復讐心など、穢れた情念の継起と屈折が齎す様々な事件が、一層前景化してきた印象を受ける。
 悪とは何か、という問いに簡潔な答えを与えることは難しい。誰もが多かれ少なかれ善悪に関する倫理的基準を携えて日々の出来事に対処しているが、その基準の妥当性を厳密に定める超越的根拠は存在しない。善悪の相対化、つまり何を悪と看做すか、という問題に就いて共通の集団的合意が成り立ち難い世界では、簡明な勧善懲悪の図式は空疎な御題目に堕してしまい易い。善悪の戦いを困難な泥濘に帰結させる要因は、善悪そのものの基準の危うい流動性の裡に存する。善悪の基準は複数存在し、部分的な賛同と反発を織り交ぜながら、相互に絡み合って様々な矛盾を惹起する。例えばハリーは、シリウス・ブラックの無実を確信しながらも、ペティグリューの逃走によって彼を弁護する為の根拠を見失い、公共的に認められた事実は、秘められた真実との間に夥しい乖離を抱えたまま流通する。常に真実が勝利するという簡明な考え方に、血腥い現実の側から意地の悪い掣肘が加えられたのである。ダンブルドアでさえ、シリウスの無辜を立証することの不可能性に就いて言及している。タイムターナーの力を駆使して秘密裡にシリウスの逃亡を幇助することに成功したとしても、それは彼に擬せられた冤罪の不当性を本質的に立証する手段とはなり得ない。
 魔法という超越的な手段が存在する世界においても、善悪に関する困難な諸問題を一斉に解決し得る方法は発見されていない。例えばバックビークを殺処分に追い込もうとするマルフォイ父子の陰惨な悪意や、それに由来する権力の不当な濫用そのものは、魔法という超越的な力によっても解決されない。そもそも作者は、魔法の超越的性質を認めておらず、その限界や制約に就いて、明確な表現を与えている。ハリーが直面する諸々の課題は、普通の人間が所属する社会において見出される諸々の課題と本質的に同一である。確かに魔法使いとしての才能は、ハリーを不幸な居候の境遇から救済する重要な条件として働いたが、それによって彼の出自に纏わる種々の懊悩が免除された訳ではない。如何なる宿命に対しても、固有の艱難は必ず附随する。それは人間の世界における普遍的な慣わしであり、人間的実存の基礎的な前提である。どんなにリーマス・ルーピンが優れた教師としての才覚と人格に恵まれていたしても、狼男という固有の身体的条件は、彼に対する社会的差別を不可避的に伴ってしまう。正しい人間には正しい待遇が用意される運命にあるという素朴な信憑の虚しさを、この挿話は端的に物語っている。けれども、それを無垢な子供への教訓と捉えるのは適切な解釈ではない。子供たち自身、日々の生活を通じて現実の不条理な性質には、うんざりするほど繰り返し直面させられている筈なのだ。寧ろ彼らこそ、不条理の発見に就いては鋭敏な嗅覚を備えていると言えるかも知れない。経験の浅い無智な人間にとっては、あらゆるものが不可解な未知の条理に従っているように見えるからである。とはいえ私は、経験の豊かな人間が特別に優れていると言いたい訳ではない。彼らは要するに、不条理と呼ばれる種類の現象に関して、精神的に麻痺しているに過ぎない。それほどまでに、複雑な矛盾は世上に氾濫し横行しており、それ自体の実在や認識を拒否することに意義はない。
 ダンブルドアやルーピンは、優れた教師としての資質を潤沢に備えているように描かれている。彼らに共通する特質は、原則として常に温厚であること、そして苦境に直面した場合でも成る可く諧謔の精神を忘れずにいることである。ルーピンが主宰したボガート退治の授業は、内面的な次元で眺めるならば、要するにセルフ・コントロールの訓練であるように思われる。自分が最も恐怖を覚える対象を滑稽な事物として捉え直すこと、それによって恐怖に打ち克つこと、こうした教訓は明らかに心理的な自制の技術の要諦を成している。如何なる環境に置かれても自分の日常的な個性を保持すること、冷静な判断力を維持することの重要性に議論の余地はないが、実際にそれを体得する困難は誰でも熟知している。シリウス・ブラックもまた、十年以上に亘るアズカバン収監の間、ずっと本来の自分を見失わず、その魂を誰にも明け渡さずに生き延びた。結局、あらゆる教育の本義は、困難を乗り越える為の綜合的技法の伝授に尽きるのではないかと、個人的には思う。

Harry Potter and the Prisoner of Azkaban (Harry Potter 3)

Harry Potter and the Prisoner of Azkaban (Harry Potter 3)

  • 作者:Rowling, J.K.
  • 発売日: 2014/09/01
  • メディア: ペーパーバック
 

Cahier(The Desire to Purify Everything)

*人間には、何かを純化したいという欲望が時折兆す。何か不安定な要素、不当な要素を排除することによって劇的な改善を望みたいという、謂わば「リセット」することへの欲望が人間の精神の根底には巣食っている。仕事でも家庭でも、対象は何でも構わない。夾雑物を排除して、衛生的な状態を恢復して、そうすれば万事好ましい方向へ改善していくという信念、殺菌消毒の理念、厳密な同一性の基準に基づいて裁判し、審理し、摘発するべきだという正義の理念、それは人間の内なるロマンティシズムと結び付いている。
 例えば人間は時々、無垢だった幼少期の記憶に特別な郷愁を寄せる。人間の社会に存在する諸々の暗部を知らず、規則や倫理との相剋に懊悩することもなく、素朴な愛情と信頼の中で暮らしていた日々の記憶に、奇蹟的な恩寵を見出し、世智で穢れた後の我身と引き比べて、幼少の日々が如何に輝かしく美しいものであったかと慨嘆するのである。如何に自分は純粋な存在であったか、長じてからの種々の出口の見えない煩悶に日夜苛まれることもなく、単純で明快な幸福の中で生きていたかと、甘美な情緒と共に懐かしむのである。
 純化による解決、これを私は警戒する。世の中はそれほど単純な仕組みで出来上がっていない。記憶は往々にして美化されるものであり、幸福な幼少期の回想は、それ自体では無力な幻想に過ぎない。問題や弊害は複雑な構造によって形成されており、その相互的な依存の関係は錯綜しており、単一の明快な異物によって総ての症状が惹起されていると考え得る事例は極めて稀である。或る一つの事柄の善悪は、その事柄が他の事柄と如何様に関連しているかによって、相対的に、流動的に決定される。今日の正義は明日の犯罪であり、逆もまた然りである。
 例えば様々な種類の差別、これは明らかに純化への欲望、同一性への信仰の為せる業である。先般、東京オリンピックパラリンピック組織委員会の会長であった森喜朗氏が、ジェンダー差別に該当する発言によって自らを辞任に追い込んだことは記憶に新しい。円滑な意思決定を阻害する要因を「女性」というファクターの裡に求め、恰かも「女性」の理事を排除すれば、自ずと組織運営は合理化され改善されるかのような論旨を披歴した彼の振舞いは、煎じ詰めれば「純化」に対する衝迫の具体的事例に他ならない。或いは歴史を繙けば、あらゆる社会的差別の事例が、こうした「純化」への情熱的衝動と要求によって駆り立てられていることは直ちに窺い知れる。例えば先般、国軍のクーデターによってアウンサン・スー・チー氏が身柄を拘束され、民主化の機運に蒙昧な冷水が浴びせられたばかりのミャンマーでは、ロヒンギャと呼ばれるイスラム系の少数民族(インド系の移民)に対する厳しい迫害が恒常化し、武力衝突や虐殺、難民化などの深刻な人権問題の慢性化が憂慮されている。思い起こせば米国においても、大統領就任当初のドナルド・トランプ氏が、南米からの不法移民の排斥を訴えてメキシコとの国境に隔壁を建設するという極めて排外的な国策に踏み切ったことがあった。日本の歴史においても、関東大震災に際して生じた流言蜚語によって、多くの朝鮮人が虐殺されたと伝えられている。ナチス・ドイツにおける「ホロコースト」や旧ユーゴスラヴィアにおける「民族浄化」などの事例も含め、社会的不満の原因を移民などのマイノリティに見出そうとする悪しき風潮は枚挙に遑がない。こうした思考の形態は悉く「異物を排除すれば我々の置かれている状況は改善する」という信仰に支えられている。これは「多様性の尊重が国力を賦活し、世界をより良いものに変えていく」というダイバーシティの発想の対極に位置する古びた信念の様式である。

*こうした「純化」への欲望は実に様々な形態を取り得る。保守的な思考を愛する人々は「伝統への回帰」を「純化」のヴァリエーションとして声高に主張する。日本古来の文化や風習を重視し、現代的な変化を唾棄する人々は、知らず知らずのうちに「多様性」の観念の最も尖鋭で陰湿な宿敵と化している。例えば「日本語」の純粋性を愛する人々は、片仮名で綴られた外来語の氾濫に険しい顔つきで警鐘を鳴らす。何でもかんでも横文字に置き換えるのは知的な怠惰であり、日本語で表現し得るものを気取った新奇な横文字で言い換えるのは伝統的な文化に対する破壊的行為であり、堕落であるというのが、その一般的な論旨である。「感染爆発」を「オーバーシュート」と言い、「都市封鎖」を「ロックダウン」と呼ぶのは怪しからん、不親切である、何故もっと明快な日本語で表現しないのか、というのは、彼らの抗議の一例である。だが、彼らも日常生活において、わざわざ「トイレ」を「厠」と呼んだり「スマートフォン」を「高機能携帯電話」などと呼んだり「ブラジャー」を「乳当て」と呼んだりしている訳ではないだろう。
 そもそも「純粋な母国語」という観念は、実在の疑わしい神秘的幻像である。日本語が現在の高度な発達を遂げたのは、例えば古代中国から「漢字」という純然たる舶来の体系を大々的に輸入し、移植した成果である。海外の文物を取り入れる際に、併せて海外の言葉も摂取するのは当然のことで、それを日本風にアレンジすることで、我々の母国語は持続的な成長を遂げてきた。純粋なる母国語の庇護に固執して、排外的な宣言を革めないのであれば、片仮名に置き換えられた英語に限らず、一切の漢文脈も摘出し除去してしまえばいい。そうすれば、日本語による思考の水準や品質は致命的に下落し、我々の文化は頗る貧弱な、栄養の足りない脆弱な生き物に変貌を遂げるだろう。そもそも、日本の伝統的文化と信じられている仮名文字が、漢字の変形を通じて構築されたものであることは常識であり、舶来の文化を徹底的に排除すべきなのだとしたら、我々日本人は馴染み深い仮名文字の廃棄すら真剣に検討せねばならないのである。それが聊かも合理的な方策ではないことは自明である。従って「日本語」における「純化」への欲望は極めて不合理な情熱であると結論することが出来る。寧ろ、あらゆる外国語を片仮名に置き換えて日本語の体系の一部として併呑する強力な伝統は、日本語という文化的制度の旺盛な食欲、その強靭な生命力を立証するものに他ならない。英語もまた、ラテン語やフランス語の語彙を貪婪に咀嚼し摂取することによって成長を遂げてきた。あらゆる言語の健康は、純化ではなく交雑によって保たれる。言語に限らず、純化によって健康の恢復を図ろうとする性急な衝迫は、システムの弱体化を示唆する簡明な症候である。多様性の理念は、強靭なシステムの存在を要求する。異物を排除するのではなく包摂することの重要性を、多様性という理念は自らの存立の基礎に据えている。つまり、純粋なものに憧れる心理は、自らの心身の衰弱の確たる証明なのである。弱った胃袋を守る為には食事制限が不可欠であるが、そもそも偏食を避ける日常の心掛を重んじるべきである。私のような観念的偏食家は、三十五になっても自らの夥しい食わず嫌いを糺さずに厚顔にも恬然としている。こういう人間は正に「純化」への欲望の権化である。好きなものしか食べたくないという心理的偏向が、多様性に堪え得る強靭な心身の醸成を毀損しているのである。何でも嫌がらずに食べなさいという家庭の凡庸な教訓は蓋し、不変の真理を衝いている。

Cahier(Portrait of the Artist As a Young Suicide)

*引き続き、仕事と育児と英語学習の三本の矢で私の日常は貫かれている。先日はリスニングの勉強の一助になればと思い、近所のブックオフハリー・ポッターの映画のブルーレイディスクを購入した。尤も、本気でリスニングの勉強をするならば、Amazonの展開するAudibleなどを活用して、英語の音声を徹底的に鼓膜へ浸潤させる必要があるだろう。今はリーディングを通じて基本的な語彙や文法、表現を覚え込む段階であると定義しているので、とりあえずAudibleの導入は考えていない。そもそも、一月下旬に予約したiPadが未だ入荷すらしない状況で、電子書籍による読書というファーストステップさえ停滞している状況なのだ。
 先日は、英作文のささやかな真似事を投稿した。未だ拙い技術と乏しい知識のアマルガムに過ぎない仕上がりだが、下手でも構わないから実践を繰り返すことは何事においても上達の秘訣であり、破綻した下手糞な英文だと指弾され嘲笑される懸念は百も承知ながら、勇気を振り絞って試しに電子の海へ放流してみたのだ。あわよくば誰か該博な知識を備えた寛容で慈悲深い方が懇切に添削してくれないだろうかと、淡い期待もないではなかった。何れにせよ、現在の学習の中心は英文の多読の裡に存する。土台を固め、強靭な基礎を構築しなければ、応用や発展的学習も期待される有益な成果を挙げることは恐らく難しいだろう。

*時折、思い出したように読者登録が増える。直近の方々は、私の書いた三島由紀夫に関する記事に関心を寄せて下さったようだ。最近はハリー・ポッターに明け暮れて三島由紀夫の書物に手を伸ばす機会は激減しているが、もっと多読の経験を積んだ暁には、英訳の『金閣寺』や『真夏の死』に挑戦してみたいと考えている。三島の書き遺した流麗な日本語の文章を、生得の日本語話者という恩寵に恵まれた立場でありながら、何故わざわざ英訳で読む必要があるのか、三島の本来的な魅力を味わい損ねるだけの無益な選択ではないかと、保守的な愛読者の方々は疑義を呈するかも知れない。しかし、英訳の三島を読むという経験は、三島由紀夫の構築した日本語の世界を、異質な視野、新奇な観点から捉え直すという点で、非常に有益な営為ではないかと勝手に推測している。三島由紀夫は、天皇を崇拝する右翼的な過激派の側面を持ち、和歌から剣道に至るまで、日本の古典的な文化にも造詣が深く、その文体には古式床しき和語の伝統が随所に織り込まれているが、それゆえに彼を純然たる排外的国粋主義者、或いはxenophobiaのように遇するのは短絡的な誤解である。彼は英語に堪能であると共に、その作品はフランスで発達した心理小説の遺産を色濃く受け継いでいた。レイモン・ラディゲ、ジャン・コクトージョルジュ・バタイユマルキ・ド・サドバルザックスタンダール、フランソワ・モーリヤック、そしてオスカー・ワイルドなど、海外の文学者が遺した作品に関する彼の精緻な分析と懇切な言及を徴する限り、彼は決して偏狭な国粋主義者であったとは言えないし、日本語の伝統に固執する保守的な閉鎖性とも無縁であった。寧ろ「近代能楽集」から「サド侯爵夫人」に至る、彼の遺した芸術的結晶の驚くべき多様性は、その才能が極めて国際的、普遍的な性質のものであったことを明確に立証している。
 けれども、こうした客観的粗描は未だ、三島由紀夫という特異な才能の本質を剔抉し得るものではない。彼の作品を一つずつ入念に読んでいくと、その複雑なキャラクターが、東西の文化の混淆や日本文化に対する愛国的関心といった分析には還元し得ないものであることが明瞭に看取される。彼が或る奇妙な「虚無」に苦しんでいたことは恐らく確実で、それは明らかに太平洋戦争の経験と結び付いているが、だからと言って、戦争の悲惨が、彼の内なるニヒリズムの全面的な始原であるとは言えないと思う。彼は、自らの人生の初期において既に「虚無」の感覚と親密であり、濃密な「現実」の感覚に対する飢渇を宿痾としていた。その「虚無」を、壮麗な言葉と幻想で補填することが彼の前半生における常套であったとするならば、後半生における戦略の要諦は、そうした幻想の畏怖すべき性急な現実化であったと思われる。三島の生涯を貫く重要な要素として「演技」或いは「擬態」が挙げられると私は個人的に考えているが、前半生においては精緻な虚構の形成が重視されていたのに対し、後半生においては、虚構の現実化が企図されたのである。言い換えれば、彼は「作品」と「現実」との華々しい一体化、信じ難い融合を目指したのだ。それは空虚な現実に粗暴な手段で超越的な意味を宿らせようとする痛ましい努力の帰結であったと言えるかも知れない。実際、三島の特異な自殺の顚末は今も猶、彼の人生の全体を一つの特異な物語のように浮かび上がらせている。そして三島由紀夫という人物は、あれほど社会的良識に反した蛮行によって自らの末期を彩りながらも、極めて深刻な水準で、他者の視線を徹底的に内面化した人物であったように感じられる。彼は誰かに見られていない限り、自己の存在の実感を決して確認し得なかったのではないだろうか。

 

金閣寺 (新潮文庫)

金閣寺 (新潮文庫)

 
金閣寺(英文版) - The Temple of the Golden Pavilion

金閣寺(英文版) - The Temple of the Golden Pavilion

 
真夏の死―自選短編集 (新潮文庫)

真夏の死―自選短編集 (新潮文庫)

 

My Poor English Note which will increase its length gradually

I really hope that the quality of my poor English improves.

 

Recently I have been reading foreign paperbacks everyday to learn English.
Once a new year came, I happened to decide starting a private plan to read whatever English books despite I'm not able to realise the meaning of foreign words.
Then I chose "Who Moved My Cheese?" as the first one which I should challenge with, because that book is thin and recommended for beginners by many person.
Nevertheless, it was a bit difficult to me. My knowledge of English vocabulary is very poor, so I always had to count on various dictionaries to reveal the meaning of lots of unknown words and expressions.
But I have denied myself and never given up, because it's so exciting to break into the world of foreign language beyond thick and tall walls which mean to sabotage my invasion, the action which extends a new amount of verbal knowledge makes my brain awake. Perhaps only keeping alive, I think that human will get weaker and more boring. Boring days generally make a person suffer from a vacant feeling and lose a fresh insight. If I don't mean to get any understandings or informations, certainly I will fall into a filthy bottom of the human existence. My brain will cloud completely, get like a solid stone which can't sense any lights and sounds in all the world. That vision about the future is too much terrible to me. I want to keep myself as innovative and flexible as possible, to my belief that way will be more pleasant than having a life like a cold tombstone which tells nothing anyway.

If I can use only Japanese language, I probably won't get out from the narrow area closed by my own nature. My insight will reach only the place within ordinary experiences of my life, so that I won't be able to expand my world of thoughts and imaginations anymore. The language is a important stairway towards all the different, novel zone of our life, that will makes exactly our eyes open for mysterious other places.

 

When I had been younger so much, I had read a seriese of HARRY POTTER which was translated into Japanese. The far memory about contents of the strange story barely remained now in the depth of my soul. So I've been reading books of HARRY POTTER recently, depending on the faint memory a long time ago. Contrary to my expectation in advance, I could understand most of the meanings of English letters which tell me an excellent and fantastic story of HARRY POTTER. Helped by the power of an amusing narrative, I have kept myself reading it everyday, before going to bed, or at the train to go for working. Many unknown words have appeared one after another, so that I must use loads of my imaginations to reveal the meanings of all enigmatic sentences.

Cahier(Falling into Foreign language)

*引き続き、英語学習に明け暮れる日々である。とはいえ、明け暮れるというほど熱心に努力しているとは思わない。地道に洋書を読み、分からない単語や文法を時折スマホで調べるという程度で、御世辞にも効率的とは言い難い。けれど、私は別に一刻も早く英語に堪能になりたいと焦っている訳ではないし、何より継続を重んじて取り組みたいので、自分の情熱や能力を過信してハードなカリキュラムを組み立てる積りは毛頭ない。そもそも、私の最終的な目標は、英語の書籍を自在に読めるようになることであり、仕事の必要に迫られて英語を学ぶ訳でもなければ、海外旅行や留学の予定がある訳でもない。そして、英語の書籍を自在に読めるようになる為の最も実践的な訓練は、実際に洋書を買って自分のペースで読んでみることだろうと結論して、背伸びは承知で来る日も来る日もハリー・ポッターの原書を繙読しているのである。直近では、J.K.Rowling,HARRY POTTER and the Prisoner of Azkaban,London,2014 を100頁ほど読み進めたところである。
 英語を学ぶ目的をもう一つ、強いて挙げるとするならば、娘が将来、学校で英語の勉強を始めて躓いたときに、彼女の分からないところを教えてやれる父親になることである。2020年から、小学校における英語教育が必修化され、三年生以上の児童は皆、英語を学ぶことになっている。娘はもう直ぐ五歳になる保育園児で、彼女が小学校三年生に進級するのは2024年4月の予定である。概ね残り三年間、そして三年間地道に勉強を続ければ、それなりに私の知見も増え、英語の初等教育を支援するぐらいの能力は身に着いているだろう。そして難問に苦しむ娘に優しく然り気なく颯爽とアドヴァイスを授けて、娘の称讃と尊敬を一身に浴びたいという欲望に今から想像上の涎を垂らしているのである。賢く頼もしい父親であると思われたいという旺盛な自己顕示欲を満たす為に、貪欲な準備に着手しているのである。唯一の懸念材料は、齢年中児にして既に父親に対する横柄且つ粗暴な態度を隠そうともしない娘が、私に英語の宿題を総て押し付けて意気揚々と公園へ去ってしまうのではないかという暗鬱な未来予測である。或いは、自分の分からない問題を嬉々としてしたり顔で教えたがる父親の振舞いに堪え難い生理的嫌悪を懐くのではないかというリアリティに満ちた想像である。それならそれで、一つの人生である。私の血を半分受け継いで生まれ育った帰結が、そうした非道な横暴であるならば、父はそれを甘受するより他に途を持たない。つまり、宿業である。

*目的が何であれ、新しい知識を学ぶことには固有の高揚が存在する。小さな発見の蓄積が、更なる学習への意欲を煽動し、堅持するのである。私は今、只管にハリー・ポッターの原書と格闘する日々を過ごしているのだが、頻出する単語とは徐々に顔馴染になりつつある。同じ作者の書いたシリーズであるから、繰り返し愛用される単語というものが存在する。見知らぬ単語に遭遇する都度、辞書を引くよりも、前後の文脈から単語の意味を推し量ることが重要であるという洋書多読の秘訣に倣い、成る可く日本語を介さずに英単語の意味を考えるように心掛けている。
 英語であろうと日本語であろうと、単語には所謂「類義語」(synonym)というものがあり、概ね同じ事柄を指し示しているのだが、相互にニュアンスが異なる単語の一群というものが存在する。このニュアンスの多様性や重層性は、言語的表現の豊饒性と解像度を高める役目を担っている。ハリー・ポッターを読みながら感じたことの一つは「叫ぶ」という言葉に関する表現の多様性である。ざっと思いつくままに挙げれば、cry,shout,exclaim,screech,scream,howl,bark,yell,yelp,roar,erupt,growl,bellow,shriek,snarl,squeal,croakなどがある。これらは決して一様に「叫ぶ」という意味ではないが、配置された文脈に応じて、それぞれに固有のニュアンスを伴いながら「大声を出す」という状況の表出に役立っている単語たちである。この類義語同士の関係性や使い分けの目安に通暁することは、外国語の習得においては、かなり重要なファクターではないかと思われる。英単語と日本語との照応関係に関する理解は翻訳において重要な知識となるだろうが、それ以前に先ず英単語同士の関係性を理解しなければ、英語を運用することは不可能である。状況に応じてbarkとroarを使い分けることが出来なければ、英語における表現力は著しく低減してしまうだろう。
 また、直訳すると自然な日本語に置換し得ない表現というのも、その外国語の特性を理解する上では重要な手懸りとなるだろう。例えばget to one's feet(立ち上がる)やmake one's way(前進する)といった表現は、ハリー・ポッターの原書にも頻出するカジュアルな用語法であるが、日本語に染まった人間からすると、聊か迂遠な言い回しに聞こえる(私だけの感覚かも知れないが)。或いは、少なくとも私にとって難解であるのは、助動詞及び時制の使い分けの基準である。could,should,mightを「推測」の意味で使い分ける場合のニュアンスや、過去形と完了形の使い分けのニュアンスが直感的に把握出来ていない。仮定法が乱入してくると事態は一層混迷の度合いを増す。前置詞にも副詞にもなれる単語の、その文章における役割を見抜くのも努力が要る。no sooner thanやnothing butといったタイプの構文も滑らかには頭に入って来ない。There's nothingとかI have no ideaといった言い回しは、存在しないものが存在する、無が存在するという発想に基づいた表現で、日本語の思考回路とは明らかに異質な様式ではないかと思う。
 とはいえ、こうした瑣末な知識を一つずつ拾い集めていくのは愉しい。日本語であっても、難解な書物ならば、前後の文脈から表現の意図を推測するといった作業は日常的に行なわれる。英語も同様である。私は中学生の頃、父親の書棚を漁っていて偶然、批評家として名高い柄谷行人氏の「意味という病」という著作と邂逅し、その極めて難解な文章を辿りながら、何故かしら無性に魅了された経験がある。普通に考えれば、意味の理解出来ないものに魅了されるというのは不可解な話であるようにも聞こえるが、私は分からないながらも繰り返しその本を読み、少しずつ意味を理解出来るようになっていった。幼い子供が徐々に母国語を習得していく過程というのも、概ねそのような軌跡を描くものではないか。従って、母国語による読書の経験は、異国の言葉の学習に際しても有益な基礎の役割を果たすのである(そう信じたいというだけの話を、こうして私は理窟っぽく正当化しているのである)。

Harry Potter and the Prisoner of Azkaban (Harry Potter 3)

Harry Potter and the Prisoner of Azkaban (Harry Potter 3)

  • 作者:Rowling, J.K.
  • 発売日: 2014/09/01
  • メディア: ペーパーバック
 
意味という病 (講談社文芸文庫)

意味という病 (講談社文芸文庫)

 

My Record of Reading about HARRY POTTER and the Chamber of Secrets

 英語学習の一環として取り組んだ J.K.Rowling,HARRY POTTER and the Chamber of Secrets,London,2014 を読み終えたので、感想文を認める。

 数奇な出自を持つ少年ハリー・ポッターが、ホグワーツ魔法学校(Hogwarts School of Witchcraft and Wizardly)の生徒として様々な困難を乗り越え、成長していく姿を描き出す本作の第二巻は、周到に張り巡らされた巧緻な伏線の効果を存分に活かし、緊迫感に充ちた神秘的な構成を備えて、少年の苦闘と葛藤を明瞭に浮かび上がらせている。
 これは私の個人的感想に過ぎないが、一般には児童文学の範疇に括られると思われるハリー・ポッターの物語には、人間の心の陰湿な暗部に迫るような描写が不断に鏤められている。ダーズリー家の人々がハリーに加える諸々の冷淡な仕打ちは、現代の基準に照らせば児童虐待の水準に達していると言えるし、マルフォイ家の人々が示す露骨な選良意識、Muggle-bornの魔法使いに対する鮮明な差別感情は、危険な優生思想や民族浄化(その破滅的帰結は、様々な歴史的事件が実証し続けている)の観念と親和的である。作者はハリーに対して次々と困難な試練を投げ与え、勇気、機智、そして他者の援助によって、彼がそれらの障害を克服していく過程を入念に描いている。それらの障害は必ずしも子供向けに調整された手頃な艱難ではなく、たとえ大人であっても容易には克服し得ない多くの重大な課題を含んでいる。それは単純に、現実自体がそのような性質を備えているからである。地上のあらゆる困苦は、襲い掛かるべき相手の素性や年齢を問わない。悲惨な運命の標的は皮肉にも、あらゆる種類の差別を超越している。大人でさえ解決に手を焼く問題に巻き込まれる子供は、この世界に無数に存在している。
 公教育が普及している社会において、子供の生活の過半は、学校という特殊な領域を舞台に営まれる。そこに渦巻く感情や欲望の複雑な様相は、大人の社会に匹敵する厄介な性質を孕んでいる。例えば「スクールカースト」という表現の存在は、子供たちが「皆仲好く平等に」という道徳的理念と隔絶した世界に、実際には抛り込まれているという酷薄な事実を鮮明に示唆している。彼らは明確に「階級」の障壁を意識し、それゆえの優越感や劣等感と日夜交わっている。様々な指標によって比較され、偏見に晒され、優劣の序列を定められる生活に、子供たちは人生の早い段階で投げ込まれる。それが社会的経験というものだと、したり顔で言い放つのは容易い。しかし、渦中にある当事者の心理が、それほど簡明な諦観に辿り着いている事例は稀であろう。苦労を重ねた大人でも、聖者の境涯に達することは稀である。大人が仕事や家庭の問題で苦しむのと同様に、彼らもまた学校や家庭の問題に日々精神の磨耗を強いられている。そしてハリー・ポッターの物語は、魔法という非現実的な設定を援用しているものの、その筋書き自体は明らかに、子供たちの置かれている苛酷な社会的現実と照応しているのである。他者との軋轢に苦しみ、自分の力では解決し難い困難に直面して思い悩み、社会的正義と個人的信念との矛盾に引き裂かれながら、ハリーは智慧を絞り、勇気を発揮し、具体的な行動を通じて問題の解決に挑む。その姿は、生きることの模範的形態の一例を、機智と皮肉に充ちた文体を通じて提示していると言える。
 ハリー・ポッターの物語には、少年少女が抱え込む様々な困難の事例が隠喩的な表現を伴って象嵌されている。例えば、トム・リドルとジニー・ウィーズリーの「日記」を通じた交流の裡に見出される危険性は、例えば現代社会における喫緊の課題として認知されつつあるSNSの問題と、不吉な暗合を示しているように思われる。幼いジニーの苦悩に誠実な仮面を被って熱心に耳を傾け、徐々に信頼を勝ち取り、その紐帯を悪用して相手の心身と行動を支配しようとする手口は、近年告発の相次ぐ教師と生徒との不適切な関係(多くは性暴力を伴う)や、2017年に神奈川県座間市で起きた遺体損壊事件(自殺願望を有する女性とSNSを通じて交流を持ち、誘い出して殺害するという行為を繰り返したもの)を想起させる。子供たちの置かれている生活の環境は、大人たちのそれに負けず劣らず、種々の困難に苛まれているのである。そうした環境を生き延びる上で、知識と勇気は重要な武器となる。そして優れた文学は常に、我々の困難な生に関して、何らかの指針を示す。とはいえ、それは文学の役割が道徳的訓誡に尽きているという意味では全くない。文学は身も蓋もない現実の剔抉を通じて、暗示的な指針を仄めかすだけである。虚構を通じて未知の現実を経験すること、他人に憑依して他人の人生を味わうこと、それが延いては自分自身の困難な人生を乗り超える為の有益な助言となる。こうした観点から眺めれば、ハリー・ポッターの物語は決して荒唐無稽な絵空事ではなく、子供たちの生活と成長に対する重要な支援なのである。

Harry Potter and the Chamber of Secrets (Harry Potter 2)

Harry Potter and the Chamber of Secrets (Harry Potter 2)

  • 作者:Rowling, J.K.
  • 発売日: 2014/09/01
  • メディア: ペーパーバック
 

Cahier(The Transition of the Verbal Hegemony)

*引き続き、日々の生活に決定的な変貌はなく、コロナ感染者の減少に伴って徐々に仕事が忙しくなりつつある以外には特筆すべき問題もない。泡沫のような有り触れた出来事が幾つも列なって流れ去っていくばかりである。通勤時間や就寝前の時間を使って黙々とHARRY POTTER and the Chamber of Secretsを読んでいる。HarryがTom Riddleの日記の中に封じ込められた五十年前の記憶を体験したところである。緻密に練り上げられたplotである。因みに本書を読んで、初めて私はplotという英単語に「陰謀」という語義が含まれていることを学んだ。

*先日、世界経済フォーラム(World Economic Forum)の年次総会であるダボス会議の準備会合(The Davos Agenda)がオンラインで開催され、中国の習近平国家主席が栄えある基調講演の大役を担ったという報道があった。中国の持続的躍進と米国の国際的威信の凋落という相反する傾向は、新型コロナウイルスの蔓延という歴史的惨事によって一層加速されているように見える。英米の二世紀に亘る世界的な覇権が、英語話者の極端な増殖を齎したという見解は頻繁に聞かれる。政治的・経済的なhegemonyの確立が、文化的優越の最も有効な基盤であることは歴史的教訓である。つまり、中国の躍進と英米の孤立化という政治的・社会的現象は、或る言語の置かれている歴史的状況を直截に書き換える可能性を孕んでいるのである。現在、事実上のLingua francaとして君臨している英語の覇権は、大英帝国植民地主義、合衆国の経済と軍事における圧倒的威信を通じて涵養され、インターネットの普及によって爆発的に推進されてきた。聊か日附は古いが、文部科学省の公表しているデータによれば、母語話者数という基準で比べる限り、英語は中国に抜かれている(現在ではスペイン語にも抜かれているらしい)。

www.mext.go.jp

 しかし、遠からず爆発的な少子高齢化と人口減少の局面に陥ると推測されている(生産年齢人口は既に2013年を境として減少に転じている)中国の状況を鑑みると、言語的覇権の行方を占う根拠とすべきは、明らかに母語話者数ではなく、総話者数、つまり公用語第二言語・外国語として英語を話す人々の総計である。その観点から眺める限り、英語の世界的優位性は未だ揺らいでいない。インターネットにおける使用言語の比率でも、英語の圧倒的覇権は一目瞭然である。コミュニケーションに占めるオンラインの比重が増え続けている現代の情勢を踏まえれば、英語の優位は寧ろ高まっていると言えるだろう。

*言語に関する隠然たる政治的諸問題に、日本人は極めて疎いのではないかと思われる。縮小に次ぐ縮小を続けているとはいえ、この狭隘な版図に一億を超える人口を抱えている日本では、海外では殆ど使用されない言語であるにも拘らず、日本語だけで成立する社会的・文化的状況を長年に亘って堅持してきた。また、日本語は異国の言葉を摂取することに関して極めて柔軟であり、古代における漢字の渡来から明治以降の近代化に至るまで、異国の文字や言葉、概念を日本語の枠組みの内部に移植する作業を営々と繰り返してきた。こうした伝統が日本語の豊饒な成長に著しく貢献してきたことは明瞭であり、漢語も含めた種々の外来語の注入がなければ、日本語は世界の辺境に消え残った極めて貧相な言語体系として着実に滅亡の一途を辿ったに違いない。また、こうした豊饒で滋味深い蓄積ゆえに、日本語を丸ごと英語や中国語に置き換える国難的事態を忌避し続けることに成功したのである。とはいえ、こうした芸当が無限に持続可能であると考えるのは過度にoptimisticな態度であろうと思われる。日本の人口動態は、世界でも随一の速度で少子高齢化と生産年齢人口の急減という末期的現象を示しており、日本語の国際共通語的性格が極めて稀薄であることを考え合わせると、日本人の減少は日本語話者の減少と密接に相関するであろうと予測される。そもそも日本は、移民に対する排他的性格で知られており、従って母語話者以外の日本語話者の総数が急速に増加する見通しも今のところ成り立たない。もっと言えば、欧米や中国とは異なる語順の文型を持ち、複数の種類の文字を同じ次元で使い分け、同じ文字に異なる読み方を幾つも宛がい、英単語さえ片仮名表記に置き換えて発音も日本風にアレンジしてしまう我が国の言語的文化は、異国の人々にとって必ずしも習得の容易な代物ではない。こうした状況が適切な修正を加えられない限り、日本語の衰退と滅亡は避け難い宿命であるように思われる。