サラダ坊主日記

「この味がいいね」と君が言ったのはお世辞だったねサラダ記念日

読書ノート

観照的主体への怨讐 三島由紀夫「月澹荘綺譚」

プラトンの『テアイテトス』(光文社古典新訳文庫)を繙読するのに草臥れたので、久々に三島由紀夫の小説に就いて書く。取り上げるのは「月澹荘綺譚」(『岬にての物語』新潮文庫)である。 この小説は、三島由紀夫という作家が繰り返し自作の主題に挙げてき…

プラトン「テアイテトス」に関する覚書 2

プラトンの対話篇『テアイテトス』(光文社古典新訳文庫)に就いて書く。 「知識とは何か」という聊か抽象的な設問は、哲学という根源的思考の領域においては、安易に忌避することの出来ない難問である。「知識」という言葉自体は、我々の日常的な生活に悠然…

プラトン「テアイテトス」に関する覚書 1

プラトンの対話篇『テアイテトス』(光文社古典新訳文庫)に就いて書く。 「テアイテトス」の前半は、プロタゴラスの教説に象徴される「知識=知覚」の等式を反駁することに充てられている。この等式と、そこから導かれる「相対主義」(relativism)の言説が、…

プラトン「パイドロス」に関する覚書 2

プラトンの対話篇『パイドロス』(岩波文庫)に就いて書く。 「パイドロス」の主要な議題は所謂「弁論術」(techne rhetorike)である。前半において詳細に論じられた「エロス」(eros)に関する相互に対極的な二つの学説は、弁論術の恣意的で詭弁的な性質を露わ…

プラトン「パイドロス」に関する覚書 1

プラトンの対話篇『パイドロス』(岩波文庫)に就いて書く。 「パイドロス」の前半において熱心に追究される主題は「恋愛」(eros)である。尤も、この「恋愛」に関する精密な定義を示すことが、必ずしも当座の目的であるとは言えない。恐らくプラトンの意図は…

プラトン「国家」に関する覚書 17

プラトンの対話篇『国家』(岩波文庫)に就いて書く。 プラトンの考えでは、人間の「霊魂=精神」(psyche)は不滅なる「実在」として定義される。「肉体」が生成的な現象界の裡に拘束されているのに対し、人間の「精神」は本来「実相」(idea)に類する存在であ…

プラトン「国家」に関する覚書 16

プラトンの対話篇『国家』(岩波文庫)に就いて書く。 「国家」第十巻の前半においてプラトンは、芸術に関する議論を提示する。この議論は当然のことながら、プラトンがこれまで執拗且つ精細に展開してきた「実在」と「現象」の二元論的構図に依拠して語られ…

プラトン「国家」に関する覚書 15

プラトンの対話篇『国家』(岩波文庫)に就いて書く。 他者の欲望を充足させる為の奉仕を、プラトンは「迎合」という言葉で呼んで批難する。そして政治的なポピュリズム、多数決の原理に基づいたデモクラティックな社会の懐で必然的に肥育される現象としての…

プラトン「国家」に関する覚書 14

プラトンの対話篇『国家』(岩波文庫)に就いて書く。 「教育」に関する厖大な議論を終えた後、プラトンは「国制」と「国民」に関する精緻な考究へ移る。その成果として得られる政治的な認識は、二千年以上の時間的な隔絶にも妨げられず、現代社会の分析に転…

「実相」と「仮象」の審美的融合 三島由紀夫「金閣寺」 2

終戦によって齎された絶望を如何にして克服するか、それが溝口の実存における最大の課題となる。そこに顕れる奇矯な学友・柏木の論理は、溝口の思想に重要な影響を及ぼす。 俺は三ノ宮近郊の禅寺の息子で、生れついた内翻足だった。……さて俺がこんな風に告白…

プラトン「国家」に関する覚書 13

プラトンの対話篇『国家』(岩波文庫)に就いて書く。 プラトンの縷説する「教育」の本義が、単なる外在的知識の蒐集ではなく、視線の「転向」に存することに就いては既に確認を終えた。彼はその具体的なプログラムとして、幾何学や天文学の習得を挙げる。尤…

プラトン「国家」に関する覚書 12

プラトンの対話篇『国家』(岩波文庫)に就いて書く。 「実在」と「生成」に関するプラトンの区別は、認識の真偽という観点においては、極めて明確に「生成」の劣位を認めている。だが、そうした前提は決して「実在」の観照への逼塞を奨励するものではない。…

「純潔」の逆説 三島由紀夫「十九歳」

三島由紀夫の短篇小説「十九歳」(『岬にての物語』新潮文庫)に就いて書く。 少年期に固有の精妙な心情を描くことは、三島が様々な作品において幾度も試みた主題である。「殉教」や「午後の曳航」に登場する陰湿な少年たちは、社会と大人に対する冷徹な憎悪…

プラトン「国家」に関する覚書 11

プラトンの長大な対話篇『国家』(岩波文庫)に就いて書く。 プラトンは「教育」という言葉に独自の含意を埋め込んでいる。彼にとっての「教育」は、単に技術的な知識の蓄積や発展を意味するものではない。彼が重視するのは「世界観」の「書き換え」である。…

「実相」と「仮象」の審美的融合 三島由紀夫「金閣寺」 1

三島の代表作である「金閣寺」は、絶対的なものと相対的なものとのプラトニックな対立の構図を重要な主題に掲げている。 私は金閣がその美をいつわって、何か別のものに化けているのではないかと思った。美が自分を護るために、人の目をたぶらかすということ…

絶対者を黙殺する男 三島由紀夫「商い人」

三島由紀夫の短篇小説「商い人」(『岬にての物語』新潮文庫)に就いて書く。 世俗の人間の立ち入りが許されない「禁域」という設定は、「超越」と「絶対」を重んじる作者に相応しい主題である。 知識としては、左のような知識が与えられる。現在修女は百数…

近親姦と浪漫主義 三島由紀夫「水音」

三島由紀夫の短篇小説「水音」(『岬にての物語』新潮文庫)に就いて書く。 煎じ詰めれば、この「水音」は「父殺し」を主題に据えた作品である。父親の謙造は、病床に臥せる娘の喜久子に対して性的な欲望を懐いており、喜久子と長兄の正一郎との兄妹愛は「恋…

遮断された「彼岸」への通路 三島由紀夫「志賀寺上人の恋」

三島由紀夫の短篇小説「志賀寺上人の恋」(『岬にての物語』新潮文庫)に就いて書く。 地上の現象的世界を超越した「彼岸」の領域を想定する思惟の形式は、洋の東西を問わず、人類の文明に幅広く瀰漫している。特に宗教の領域において「彼岸」の想定は殆ど普…

「野卑」と「洗煉」の果てしなき往還 三島由紀夫「不満な女たち」

三島由紀夫の短篇小説「不満な女たち」(『岬にての物語』新潮文庫)に就いて書く。 この小説の随所に、意地悪な諧謔の響きが谺しているように感じられる。それを直ちに三島のミソジニー的な側面として指弾することは差し控えたい。この作品の主題を成すもの…

他者の「鏡面化」 三島由紀夫「椅子」

三島由紀夫の短篇小説「椅子」(『岬にての物語』新潮文庫)に就いて書く。 この自伝的な作品におけるキーワードが「呻吟しんぎんの快楽」であることは明瞭である。 呻吟は痛みの伝達の手段である。しかし呻き声を立てることで紛らわされている痛みというも…

「債務」としての「愛情」 三島由紀夫「牝犬」

三島由紀夫の短篇小説「牝犬」(『岬にての物語』新潮文庫)に就いて書く。 聊かシニカルな女誑しの若者に執着する未亡人の、法外な独占欲の顛末を描いた作者の意図が那辺にあるのか、明瞭な答えを弾き出すことは難しい。章子の異様な執着と嫉妬が、如何なる…

魂の闇、肉体の光 三島由紀夫「火山の休暇」

三島由紀夫の短篇小説「火山の休暇」(『岬にての物語』新潮文庫)に就いて書く。 「芸術」と「生活」との間に生じる乖離は、言い換えれば「認識」と「行為」との疎隔であり、矛盾である。この二元論的な図式は、プラトニックな意味での「実相」と「仮象」と…

「仮象」の舞台で、自在に踊れ 三島由紀夫「親切な機械」

三島由紀夫の短篇小説「親切な機械」(『岬にての物語』新潮文庫)に就いて書く。 三島由紀夫の文業は「プラトニズム」と「ニヒリズム」の双極に向かって引き裂かれている。これが近頃、私の抱懐している未成熟な見解である。プラトニズムは、世界の背後に超…

封鎖された未来、彼岸への跳躍 三島由紀夫「頭文字」

三島由紀夫の短篇小説「頭文字」(『岬にての物語』新潮文庫)に就いて書く。 この簡素な物語の構造は、直ちに読者の脳裡へ「春の雪」の有名な悲恋を甦らせるだろう。尤も、松枝清顕の綾倉聡子に対する屈折した恋情に比べれば、朝倉季信と千原渥子の関係は遥…

「超越」と「虚無」の相剋 中条省平「反=近代文学史」

引き続き、三島由紀夫に関する評論を渉猟している。今回は中条省平の『反=近代文学史』(中公文庫)に就いて書く。 中条氏は「三島由紀夫――〈外〉をめざす肉体」と題された本書の第七章において、三島由紀夫の文学に就いて論じている。 自己の不確かさに苦…

殉教者の欲望 澁澤龍彦「三島由紀夫おぼえがき」

引き続き、三島由紀夫に関する批評を渉猟している。今回は澁澤龍彦の『三島由紀夫おぼえがき』(中公文庫)に就いて書く。 大学時代に『偏愛的作家論』(河出文庫)を読んで目映い衝撃を受けて以来、私は澁澤龍彦を優れた批評家として敬愛してきた。彼の文章…

「理想」と「憂愁」の複合体 三浦雅士「距離の変容」

三島由紀夫に関する評論を書こうと思い立ち、それに伴って三島の作品のみならず、高名な論客による批評的な言及に就いても眼を通しておこうという考えの下に早速、三浦雅士の「距離の変容」(『メランコリーの水脈』講談社文芸文庫)と題された三島論を読み…

「無垢」のフィルター、恩寵としての「情死」 三島由紀夫「岬にての物語」

三島由紀夫の短篇小説「岬にての物語」(『岬にての物語』新潮文庫)に就いて書く。 幼い少年の視線を通じて描かれた、この悲劇的な情死の物語は、例えば晩年の傑作「憂国」のように、当事者である若い男女に焦点を合わせていない。専ら少年の眼に映る風景が…

「いつわりならぬ実在」への憧憬と恐懼 三島由紀夫「苧菟と瑪耶」

三島由紀夫の短篇小説「苧菟おっとおと瑪耶まや」(『岬にての物語』新潮文庫)に就いて書く。 この作品は「花ざかりの森」同様、小説であるというよりは観念的な抒情詩に近い散文であり、尚且つ一個の作品として明確に離陸しているとは言い難い。一組の儚い…

サラダ坊主の推薦図書5選(三島由紀夫篇)

推薦人「サラダ坊主」の前口上 三島由紀夫の遺した夥しい数の小説を、今でも熱心に読み続けている人口がどれくらい存在するのか、その実数を審らかにする手段を私は持ち合わせていません。物故した作家としては例外的なほど、現在でも過半数の作品が現役の文…