サラダ坊主日記

「この味がいいね」と君が言ったのはお世辞だったねサラダ記念日

読書ノート

夭折の幻想 三島由紀夫「春の雪」 1

昨秋から延々と取り組み続けている個人的な計画、即ち三島由紀夫の主要な作品を悉く読破して自分なりの感想を纏め、見知らぬ赤の他人が振り翳したり口走ったりする「三島文学」への評価から切り離された場所で、手作りの個人的な知見を築き上げるという抽象…

死と官能の結託 三島由紀夫「音楽」 2

三島由紀夫の『音楽』(新潮文庫)を読了したので感想文を書き綴る。 性的欲望は、単なる神経的な快楽を味わう為だけの純然たる物理的な営為ではなく、そこには様々な浮薄な観念が頑固な皮脂のように纏いついているものである。性的欲望、或いは端的に「エロ…

死と官能の結託 三島由紀夫「音楽」 1

三島由紀夫の『絹と明察』(新潮文庫)を読了したので、現在は同じ作者の『音楽』(新潮文庫)を読んでいる。 或る精神分析医の手記という体裁を取り、一人称の話法で綴られたこの小説において、最も重要な役回りを演じる弓川麗子という女性に就いての描写を…

無意識の偽善者 三島由紀夫「絹と明察」 3

引き続き、三島由紀夫の『絹と明察』(新潮文庫)に就いて書く。 血栓性の脳軟化症に犯されて病床の生活を始めた駒沢善次郎は、大槻との対決を通じて危うく揺らぎかけた持ち前の「慈愛」と「善意」の論理を辛うじて守り抜き、或る澄明な境涯へ到達することと…

無意識の偽善者 三島由紀夫「絹と明察」 2

引き続き、三島由紀夫の『絹と明察』(新潮文庫)に就いて書く。 その返信は、よしんば長い時間を経ても、必ず届く。これはかなり神秘的なことだが、駒沢は自分が善意を施している相手方の反応を、あんまり当然なものと信じていたので、詳しく検証して見るこ…

無意識の偽善者 三島由紀夫「絹と明察」 1

三島由紀夫の『午後の曳航』(新潮文庫)の再読を卒えたので、今は同じ作者の『絹と明察』(新潮文庫)という小説を読んでいる。 滋賀県彦根市に本拠を置く近江絹絲紡績という会社の労働争議(この会社は、今も商号を改めて事業を継続しているそうだ)を題材…

「少年性」の原理に基づく断罪 三島由紀夫「午後の曳航」再読 2

引き続き、三島由紀夫の『午後の曳航』(新潮文庫)に就いて書く。 今朝彼らは弁当を持って、神奈川区の山内埠頭まで出かけ、倉庫裏の引込線のあたりをぶらついて、いつものとおりの会議をひらき、人間の無用性や、生きることの全くの無意味などについて討議…

「少年性」の原理に基づく断罪 三島由紀夫「午後の曳航」再読 1

目下、三島由紀夫の『午後の曳航』(新潮文庫)を再読している最中である。未だ通読していないが、覚書を認めておこうと思う。 「午後の曳航」という小説は二部構成の作品であり、第一部の「夏」と第二部の「冬」との間には、明瞭な対照性が賦与されている。…

虚無と諧謔 三島由紀夫「美しい星」

三島由紀夫の『美しい星』(新潮文庫)を読了したので、拙い感想を書き留めておく。 死の臭気と濃密な官能の織り成す厳粛で陰惨な悲劇を描き出すことに長けた三島の文学的経歴の中で、荒唐無稽の絵空事の代表とも目される「宇宙人」や「空飛ぶ円盤」の登場す…

ニヒリズムの多様な範型 三島由紀夫「鏡子の家」 7

引き続き、三島由紀夫の『鏡子の家』(新潮文庫)に就いて書く。 ⑥「他者」の価値観に擬態するニヒリストの肖像 オカルティズムの深淵から感性的な現実の世界へ帰還した山形夏雄は、自分が陥っていた虚無の荒寥たる領域の消息に就いて語りながら、次のように…

ニヒリズムの多様な範型 三島由紀夫「鏡子の家」 6

引き続き、三島由紀夫の『鏡子の家』(新潮文庫)に就いて書く。 ⑤「醜悪な現実」とオカルティズム 感性的な「美」の範型に従属し、芸術家として「時間的法則」を免かれた世界で無秩序と遊戯の日々に暮らしてきた夏雄の平穏な境涯は、徐々に「人間的関心」に…

愛慾と殺意の共同体 三島由紀夫「獣の戯れ」

三島由紀夫の『獣の戯れ』(新潮文庫)を読み終えた。 この小説には「愛の渇き」や「美徳のよろめき」に通じる背徳的な愛慾の気配が色濃く漂っている。特に深刻な浮気性の夫に独占欲を懐きながら容易に満たされずにいる孤独な草門優子の姿は「愛の渇き」の悦…

ニヒリズムの多様な範型 三島由紀夫「鏡子の家」 5

引き続き、三島由紀夫の『鏡子の家』(新潮文庫)に就いて書く。 ④「美」の超越的な範型、或いは審美的ニヒリズム この世界の事象に如何なる意義も価値も認めないことが、ニヒリズムと呼ばれる精神的情況の特質であるとするならば、新進気鋭の芸術家として登…

ニヒリズムの多様な範型 三島由紀夫「鏡子の家」 4

引き続き、三島由紀夫の『鏡子の家』(新潮文庫)に就いて書く。 ③「自然」と「実相」に基づくニヒリズムの超越的性質 あらゆる他者の存在を「鏡」のように扱い、己の外面的な価値を確かめることで内在的な虚無に抵抗する舟木収のナルシシズムは、高利貸を営…

理想と現実、論理と情熱、厖大なる「空虚」 三島由紀夫「宴のあと」

未だ「鏡子の家」に関する感想文を書き終えていないのだが、三島由紀夫の『宴のあと』(新潮文庫)を読了したので、記憶が褪せる前に記録を遺しておきたいと思う。 日本における「プライヴァシーの侵害」という法律的闘争の先駆的な事例という枕詞が何時でも…

ニヒリズムの多様な範型 三島由紀夫「鏡子の家」 3

引き続き、三島由紀夫の『鏡子の家』(新潮文庫)に就いて書く。 ②稀薄な「自己」とナルシシズムの原理 稀有の美貌に恵まれながら、一向に売れる見込みのない役者稼業を営んでいる舟木収は、自己の稀薄な実在感に絶えず悩まされている。 「それから……」 と又…

ニヒリズムの多様な範型 三島由紀夫「鏡子の家」 2

引き続き、三島由紀夫の『鏡子の家』(新潮文庫)に就いて書く。 ニヒリスティックな認識、つまり世界には如何なる意味も価値も存在しないという認識は、予め定められた社会的=歴史的枠組みの内部に従属して生きる人々へ加えられた残酷な痛撃であると同時に…

ニヒリズムの多様な範型 三島由紀夫「鏡子の家」 1

三島由紀夫の『鏡子の家』(新潮文庫)を読了したので、感想を書き留めておく。 三島が数多く遺した長篇小説の内でも大部の範疇に属する「鏡子の家」は、同時代の批評家や読者から冷遇された失敗作として語られることが多い。けれども、私自身の感想としては…

「倦怠」の心理的解剖 三島由紀夫「美徳のよろめき」

三島由紀夫の『美徳のよろめき』(新潮文庫)を読了したので、感想を書き留めておく。 三島由紀夫という作家には「泰平無事」とか「日日是好日」といった長閑で安逸な境涯を指し示す言葉が余り似合わない。彼は「無事」よりも「有事」を愛する、些か破滅的な…

三島由紀夫「金閣寺」再読 3

③「美的なもの」の破壊に就いての先覚者 「金閣寺」における「私」とプラトニズムとの対決の過程には、或る脇役の存在が重要で決定的な影響を及ぼしている。「私」が大谷大学へ進学した後に知遇を得る「柏木」という級友である。彼の思想は、色々な意味で「…

機智と空想 三島由紀夫「永すぎた春」

三島由紀夫の『永すぎた春』(新潮文庫)を読了したので、感想を書き留めておく。 「金閣寺」や「禁色」の限界まで彫琢された硬質な文体の恐るべき威力に慣れた眼から眺めると、この「永すぎた春」という作品の文体は随分と砕けて弛緩しているように見える。…

三島由紀夫「金閣寺」再読 2

引き続き、三島由紀夫の「金閣寺」(新潮文庫)を再読した感想を認めておく。 ②プラトニズムの齎す倫理的害毒 「私」にとって「美」は、現象的な世界の裏側に潜んでいる、秘められた存在である。しかし、それは単純に「美」が彼岸的で超越的な観念であること…

三島由紀夫「金閣寺」再読 1

三島由紀夫の「金閣寺」(新潮文庫)の再読を終えたので、改めて感じた事柄を徒然に書き留めておく。 ①「美」と「人生」の根源的相剋 「金閣寺」という小説は、三島由紀夫という作家にとって重要な主題が、緊密で堅牢な秩序の中に閉じ込められた稀有の傑作で…

「労働」と「放蕩」の二元論(中上健次をめぐって) 4

引き続き、中上健次に就いて書く。 ④「系譜」に対する霊媒的な受動性と、その悲劇的性格 中上健次の作り出した竹原秋幸という主人公は、自分の存在を取り囲む血の「系譜」に対して根源的な拒絶の姿勢を示している。それは根源的には実父との血の繋がりに対す…

「労働」と「放蕩」の二元論(中上健次をめぐって) 3

引き続き、中上健次に就いて書く。 ③「系譜」をめぐる鏡像的な関係性 人間の生物学的な構造と秩序の内部に根源的な仕方で装填された「性愛」の原理は、否が応でも他者との間に複雑な関係性を織り成す。そもそも「性愛」の根本的な機能である「生殖」の原理自…

「労働」と「放蕩」の二元論(中上健次をめぐって) 2

引き続き、中上健次の「枯木灘」と「地の果て 至上の時」に就いて試論を書き綴りたい。 ②「枯木灘」の世界を支配する「愛慾」と「淫蕩」の原理 前回の記事で、私は「枯木灘」の世界において、繰り返し描写される竹原秋幸の「労働」に附与された「神話的な性…

三島由紀夫「沈める滝」に関する覚書 2

前回に引き続き、三島由紀夫の「沈める滝」(新潮文庫)に就いての感想を書く。 ②「快楽」という意味に包摂されない女体 数多の女と関係を持ちながら、絶えず相手の背負っている「現実的属性」との錯雑した交流を注意深く拒み、自らを「無名の任意の人間」と…

三島由紀夫「沈める滝」に関する覚書 1

三島由紀夫の「沈める滝」(新潮文庫)を読了したので、断片的な感想を書き留めておきたい。 ①「愛情」という観念を信じない男の肖像 三島由紀夫が「沈める滝」という作品の内部に植え付け、鋳造した城所昇という人物の如何にも観念的な造形には、仄かに「禁…

「労働」と「放蕩」の二元論(中上健次をめぐって) 1

①「労働」の神話的な性質、あらゆる「記憶=意味」からの離脱 中上健次は「岬」から始まる所謂「紀州サーガ」を書き上げることによって、時代に冠たる偉大な作家へ成長したと看做すのが、世間に流布する通説である。批評家の柄谷行人は、盟友である中上健次…

三島由紀夫「禁色」に関する覚書 5

目下、三島由紀夫の「沈める滝」(新潮文庫)を読んでいる最中なのだが、不図思い立って再び「禁色」(同上)に就いて考えたことを備忘録として書き遺しておく。 ⑤同性愛の形而上学的性質と「享楽」 私は同性愛というものの実態に就いて具体的な知見を持たな…